記者会見・記者室の完全開放を求める会
誰もが会見に参加できるように取り組んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
4月19日・記者会見ご案内
※どんな方でも参加・取材可能!

報道関係者各位
プレスリリース                   2010年4月13日
                  記者会見・記者室の完全開放を求める会
                          (会見開放を求める会)
                             呼び掛け人一同

記者会見・記者室の完全開放に関するアピールと活動計画などを発表します

当会は「記者会見・記者室の完全開放を」を合言葉に、本年4月より活動を始めた任意団体です。宇都宮健児・日本弁護士連合会会長、白石草・OurPlanet-TV 代表、田島泰彦・上智大学教授、原寿雄・元共同通信編集主幹、豊秀一・日本新聞労働組合連合委員長ら60人が「呼び掛け人」となり、野中章弘アジアプレス・インターナショナル代表が世話人代表を務めています。アピール文発表にともなって、報道関係者向けに記者会見を行いますので、下記の通りお知らせいたします。

<記者会見の日時・場所>
日時:4月19日(月)午後3時30分~
場所:日本プレスセンタービル 9F 日本記者クラブ内 大宴会場
東京都千代田区内幸町2-2-1
地図はこちら
※どんな方も取材可能!

<趣旨>
 「記者クラブに加盟していない」という理由だけで、外国メディア、雑誌社、インターネットメディア、フリーランスの記者、非営利で情報発信を行っている団体・個人などが、記者会見への自由な参加、記者室の利用が非常に困難な状況に置かれています。
 私たちは、記者クラブへの加盟の有無にかかわらず、大手新聞社やテレビ局などの既存メディアと、外国メディア、雑誌社、インターネットメディア、フリーランスの記者などが、平等な立場で取材・報道を繰り広げることが、日本の報道の質を高め、言論の自由と民主主義社会の発展につながると確信しています。
 真の意味での「報道の自由」「国民の知る権利」を実現させるため、私たちはまず、記者会見と記者室の完全開放を求めて活動を開始します。当日は、今後の活動計画や報道各社への申し入れ状況などについても発表する予定です。

<問い合わせ先>
東京都新宿区新宿1丁目15番 9号さわだビル5F
東京共同法律事務所気付 〒160-0022
 記者会見・記者室の完全開放を求める会
 (会見開放を求める会)
FAX 03-3355-0445
電子メール kaikenkaiho@gmail.com


4月19日・記者会見プレスリリース(PDF; 125kB; 4/14版)
http://is.gd/btoHQ

スポンサーサイト
コメント
コメント
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2010/04/19(月) 01:41:04 | | # [ 編集 ]
Re: この件で誤字は致命的
> この件で誤字は致命的
>  アピールを支持する立場から、誤字の訂正を強く求めます。
>  問題が問題だけに、趣旨文中の誤字は「これだからフリーランス等の記事は
> 信頼できない」など、閉鎖性維持の口実にされかねません。

2NOさん、ご指摘ありがとうございます。
4/19の会見の案内の<趣旨>の中で以下の誤字がありましたので、
訂正してお詫びいたします。
大変申し訳ありませんでした。

x …記者室の理由が非常に困難な状況に
o …記者室の利用が非常に困難な状況に
2010/04/19(月) 10:15:07 | URL | 会見開放を求める会 #- [ 編集 ]
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kaikennow.blog110.fc2.com/tb.php/7-fd43095a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。