記者会見・記者室の完全開放を求める会
誰もが会見に参加できるように取り組んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「会見にいこう」ML設置のご案内
「会見」にいこうプロジェクトのメーリングリストができました。
参加ご希望の方は、お名前・所属やお仕事・メッセージを書いて、
kisyakaiken@gmail.comにメールをお送りください。


記者会見や記者クラブの問題性を共有したいと考える人であれば、
市民記者はもちろん、メディアには関わったことのない方でもOK!
また、是非お友だちなどにもお伝えください。

ツイッターのハッシュタグは #openkaiken
スポンサーサイト
コメント
コメント
コメントの投稿
URL:
本文:
パスワード:
非公開コメント: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
トラックバック URL
http://kaikennow.blog110.fc2.com/tb.php/2-e2374421
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
僕の周辺で感じているだけなので、明らかに主観的なことではあるが、「記者クラブ問題」、否、「記者会見オープン化問題」が、にわかに流動...
2010/01/20(水) 23:23:14 | あっちふら、こっちふら
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。