記者会見・記者室の完全開放を求める会
誰もが会見に参加できるように取り組んでいきます
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総務省記者クラブとフリーランス・ジャーナリストの緊急会談
2011年1月5日、年初となる総務省記者クラブ主催による総務大臣会見が開かれました。
その記者会見に出席した畠山理仁氏(当会呼び掛け人/フリーランスライター)は、総務省記者クラブの意向をあえて無視し、インターネット生中継を行いました。
昨年末からこのブログでもお伝えしているように、総務省記者クラブでは、クラブ加盟社ではないフリーランス・ジャーナリストに動画撮影の許可を与えず、約1年間の交渉を経ても、動画撮影を認めませんでした(※この間の経緯については文末にまとめましたので、詳しくお知りになりたい方は、そちらをご参照ください)。

このインターネット生中継は、アーカイブとして公開されており閲覧する事が出来ます。

20110105片山善博総務大臣記者会見
http://www.youtube.com/watch?v=M8BP4Z2hezw

(※冒頭約11分間無音声ですが、11分程してから音声が流れます)


上記の動画でも確認できますが、総務大臣の記者会見終了後に、その場にいたフリーランス・ジャーナリストと、総務省記者クラブ幹事社で、動画撮影についての会談が急遽開かれました。

今回の行動は、会見開放を求める会としての行動ではなく、あくまでも畠山氏個人の判断で行った事です。
しかし、これまでの経緯をふまえ、このブログでも広くお知らせする事が重要だと判断し、上記の総務省記者クラブとの会談内容を、テキスト化して公開する事としました。
以下、その会談内容です。



■会談出席者
 ●記者クラブ幹事社(共同通信記者/以下「クラブ」)
 ●畠山理仁氏(当会呼び掛け人/フリーランスライター)
 ●小川裕夫氏(フリーランスライター)
 ●寺澤有氏(当会呼び掛け人/ジャーナリスト)
 ●田中龍作氏(ジャーナリスト)


(大臣会見終了後、数分経過。雑談のような会話が聞こえる)

【クラブ】 あの、この問題は、我々ははっきりと黙認したと
  か事実上容認したとかって話じゃないんで、これ今、会見
  の運営上、ここで止める訳にもいかないわけで、容認した
  って事じゃないんで……

【畠山】 ええわかってます

【クラブ】 今日は畠山さんだけが撮影されている訳ですね。
  他の方はされてない?

【小川】 僕はしてない

【寺澤】 僕はしました

【田中】 否、わかりませんよ。誰かやってるかもしれない

【クラブ】 最初、何も言わないで、通告なしでこうやって生
  中継するって事が国民の知る権利に繋がる事になるんじゃ
  ないかって確信を持たれてされるってご説明でしたけど、
  そこは僕は事実上理解するんですよ。(数秒間音声不明)
  途中で「これ生中継してるんです」っておっしゃったのは、
  どういう意図ですか? 告白されたのは?

【畠山】 大臣の見解を聞きたかったわけです。情報発信の当
  事者であるので、大臣自身がやめてくれと言われれば納得
  はできるんですけども、ただ大臣の意向はそういうことな
  んだということで、分かりましたと。で二次利用について
  発言がありましたけど、それはフリーに関わらず、報道目
  的であれば、テレビで放映されたものを録画して、悪意を
  持った人が改編するということは同じであると。というと
  ころで、ここは税金で建てられた庁舎の中で、大臣の意見
  なり主張なりとして使っている場所であり、その会見の模
  様が全部総務省として公開していないわけですよね。コス
  トの問題とか、おっしゃいましたけど。僕が自分の小遣い
  の範囲でできるネット中継で、記者会見の情報が、誰から
  でも見れるっていう状態にしておくってことが、国民の知
  る権利に資すると思いまして、ここは公的な場所だと僕は
  認識をしているので、そこで撮影する事が、僕自身、例え
  ば誰かのカメラの前に立って撮影の邪魔をするわけでもな
  く、着席しておとなしく、結果として今日は……

【クラブ】 結果として事実上会見の円滑な運営を妨げてない
  だろうってご判断ですね。事実上、言わなければ誰も気が
  ついてないでしょうし、そういうことなんでしょうね。ご
  趣旨はよく分かりました。何のためにやられているかって
  ことも分かりましたし、質問にあたって自分の今やってい
  ることを明らかにしたいってこともわかりました。けれど
  も、一応私どももまだルールを決めてて、これを変えるか
  ってことも……、まぁ本当に1年も経ってるのに議論も進
  んでないってことも、ある面では、ある面ではですよ、事
  実かもしれませんけども……、これ各社いろんなコメント
  があるかと思うんで、まとめるのが難しいっていうのが、
  正直な所なんです

【田中】 未来永劫まとまりませんよ。あなただって記者だっ
  たら分かるでしょう。未来永劫まとまるはずないよ

【畠山】 それぞれの方が、多分いろんなご意見をお持ちにな
  っていて、気持ちも分かるんですけども、皆さんお立場が
  ありますから、それを1つにまとめるってことはかなり難
  しいと思うんですけども、ただ報じる側の立場として、ま
  ぁ僕はジャーナリストと名乗っていませんけども、ジャー
  ナリストの皆さんが、同じジャーナリストが公の場でやっ
  ている……、例えば会社に呼んでそこでやっている私的な
  取材だったら、それはオープンにする必要はないんだと思
  うんですけどね。それは取材した人の判断だと思うんです
  けど……、税金でやっている、庁舎の中での会見室での会
  見を、他のジャーナリストが来て、録画をしたり撮影をし
  たり、自由に取材をする場で、会見の円滑な運営を邪魔す
  る意志がなくですね、ちゃんと一応のルールというか、会
  見中に立ち上がったりしないで、そういうことを守りなが
  らやることについて、同業のジャーナリストが妨害すると
  いうのは、これは、その人たちを僕はジャーナリストと呼
  びたくないので、ぜひここは検討していただいて……、検
  討していただいてというか、禁止するという条項をですね、
  なくしていただきたいと思います

【小川】 総務省の記者会見オープン化というのは、今日でち
  ょうど丸1年なんです。で、僕はですね、実は2年前、だ
  からオープンになる前の12月から広報の人に掛け合ってま
  して、その時に広報の室長(松田さん?とりあえず実名な
  のでカット)がおっしゃったのは、とりあえずトライアル
  なんだから、枠を設けないで何でもやってみれば良いじゃ
  ないか、というふうに記者クラブ側には投げていると。で、
  それで何か問題があれば、それは問題を精査して制限すれ
  ばいいけど、とりあえずトライアルなんだから何でもやっ
  てみようというのが、本質なんじゃないのっていうのが、
  広報室長と僕の話し合いなんです。それが記者クラブの方
  に行っているかどうか、僕は知りませんけども……。それ
  で、なぜ動画撮影を禁止しているのかっていうのが、いろ
  いろ各社さんの思惑があるんですけど、とりあえずまだト
  ライアルなんですよね?

【クラブ】 そうなんです

【小川】 であるならば、なんでそれを制限するのかわからな
  いんだから、そしたら一応やってみて、それでその結果何
  かしら、例えばテレビ会社さんが「こういう問題があるよ」
  とか、実際に何か不利益を被るような人たちがあるならば、
  じゃぁ話し合いでやっぱりナシにしましょうって、なるな
  らばいいけども、トライアルなのに何も挑戦せずに、「そ
  もそもダメだからダメだ」っていうのであれば納得がいき
  ませんよ、っていうのが、僕らの最初からの根本としての
  考えがある。それで、一応トライアルってことだから1年
  間我慢したっていうのが、僕らの中にあるわけですよ。ず
  っと僕らは、今の幹事社さんが担当する前から、12月に
  はいる前の段階から、それを言ってるんです。で、ずっと
  「検討します」「検討します」って先送りしていて、去年
  の話し合いがあったじゃないですか。そこで田中さんは
  「ダメならダメで結論を出してくれ」って言ってたけども、
  僕はもう、先送りされるって分かったんです。っていうの
  は、もうずっと先送りされてたから。5回くらい僕言って
  ます。なので、ずっと先送りされるなら、こっちから結論
  出すしかないじゃないですか。で、僕らが結論出すなら、
  もちろん、動画撮影させてくれって意見なんだから、結論
  として動画撮影認めるって結論しか出ない訳です。ダメで
  あるならば、そのちゃんとした理由とか、ちゃんとした話
  し合いを持ってダメって判断をしたい訳ですよ、僕らは。
  すみません、生意気言っちゃって

【クラブ】 本当に協議します。今回の件もあって……

【小川】 トライアルなんで、そこらへんは幅広くやりましょ
  うっていうのが前提にあったと思うんですけど、それがい
  つの間にかなくなって、トライアル期間なのに、もうトラ
  イアル期間じゃなくなってるみたいなのは、ちょっとどう
  なのかなって気がするんですけど

【クラブ】 分かりました。私個人としては、今回の件は大変
  遺憾なんです。だけど問題提起としては、一方で受け止め
  た事も事実なんですね。本当にこれ協議しますんで……

【寺澤】 それで、畠山さんとか我々とか出入り禁止ってこと
  になるんですか

【クラブ】 私の一存では決められません。それこそ話し合わ
  ないと

【寺澤】 出入り禁止になる可能性もあるんですか。どういう
  ルールになってるか知らないで聞いてるんですけども

【クラブ】 ルールも含めて、出入り禁止ってことがあるのか
  どうかも、わかりません。可能性があるかって事も予断を
  含めて返事できません

【寺澤】 そのお沙汰があるのはいつですか

【クラブ】 それも分かりません

【寺澤】 次の7日の会見も含めて動きがあったら教えてくだ
  さい。どうですか、今日の所、率直に

【畠山】 幹事社の方も大変だと思うんで申し訳ないと思いま
  す

【クラブ】 難しいですね。大臣がすごく時間がない事も間違
  いなくて、すごい短い時間のところを、こじ開けるように
  して、いろんな各社がいろんなテーマで質問したいことが
  あるわけですよね。ですから、できるだけ本来の政策の質
  問と答えって問答をしたいってことは、みんな共通してい
  る所だと思うんです

【畠山】 ただオープンにならないと、僕らは入り口の段階の
  事を、毎回1問は質問しなくてはならないので、本当に無
  駄だと思うので……。僕らだって「会見開けろ!開けろ!」
  っていうのが目的じゃなくて、その後に、ちゃんと政策を
  聞くための前の段階としてやっているので、早い所政策の
  ことをやりたいと思っているので

【田中】 大臣との政策問答をちゃんと充実したいっておっし
  ゃっいましたよね。それだったら、Ust中継やれば国民
  も参加できますよ。ほんの一部分しか新聞やテレビで載ら
  ないよりも、みんな知れるじゃないですか

【クラブ】 田中さんの主張はお伺いしました。分かりました

【田中】 否、主張じゃないですよ。客観的事実ですよ。事実
  として、一度に何万人って人が見られるんですよ。で国民
  も、政策論議に加われるんですよ。それが客観的事実です
  よ。それを主張なんていわないでください

【クラブ】 わかりました。事実として理解しました

【寺澤】 畠山さんも、今日は思いあまってやった事だろうし

【クラブ】 ちょっと待ってもらえますか。クラブで話し合い
  ます

【フリー】 よろしくお願いします

(以上、約12分間)

なお、参考までに大臣会見については、総務省が公開しています。
【総務省】片山総務大臣閣議後記者会見の概要
http://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/02koho01_03000154.html




最後に、この間の総務大臣会見に関する記事を紹介しますので、これまでの経緯をお知りになりたい方は、ご参照ください。

2009年9月
政権交代後に、会見開放について、フリーランス記者が原口一博大臣(当時)に質問。インターネット報道協会やフリーランスが交渉をスタート。

2009年12月8日
原口大臣が、会見のネット中継歓迎の表明
【J-CAST】「ネット中継大歓迎」 総務相記者会見も開放へ
http://www.j-cast.com/2009/12/08055708.html


2010年1月5日
限定的なオープン化か始まる
【J-CAST】フリーやネットの記者が張り切る 総務大臣会見の開放スタート
http://www.j-cast.com/2010/01/05057338.html


2010年1月7日
総務省記者クラブによる参加条件方針
【ITmedia】「Web専業メディアはオープン化対象外」 総務省記者クラブに定例会見への参加条件を聞いた 
http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1001/07/news077.html


2010年2月10日
総務省が各省庁会見の開放度を調査する方針
【J-CAST】原口総務相、行政機関の「記者会見の開放状況」を調査へ
http://www.j-cast.com/2010/02/10059931.html


2010年3月30日
原口大臣が各省庁会見の開放度の調査報告
【総務省】原口総務大臣閣議後記者会見の概要(その2)
http://www.soumu.go.jp/menu_news/kaiken/02koho01_000101.html


しかしこの調査報告は実態を反映していないもので、オープン化というにはほど遠い省庁もオープン化という評価となっていた。
以降、総務省記者クラブ主催の会見では、フリーランスの動画撮影に関する事項や、ネットメディアに対する参加条件について、具体的な進展はなし。

2010年12月22日
総務省記者クラブとフリーランス・ジャーナリストが懇談会で意見交換
【当会ブログ】総務省記者クラブとの懇談会
http://kaikennow.blog110.fc2.com/blog-entry-17.html


2010年12月29日
総務省記者クラブから「動画撮影を許可しない」との返答
【当会ブログ】総務省記者クラブからの返答
http://kaikennow.blog110.fc2.com/blog-entry-18.html

 
スポンサーサイト

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

総務省記者クラブからの返答
前回の記事でお知らせした通り、12月22日に行われた総務省記者クラブとの懇談会の続報です。

12月29日、総務省記者クラブの幹事社である毎日新聞記者より、会見開放を求める会の渡部真(フリーランス編集者)へ電話がありました。
先日の懇談会の中で、当会呼び掛け人である畠山理仁氏(フリーランスライター)から、「今年の年初から動画撮影の申し入れをしているが、未だに正式な返答がない。幹事社が代わるたびに説明しており、記者クラブ内で申し送りされている様子もないし、どうなっているのか? 次の幹事社に代わる前に、きちんと返答が欲しい」という申し入れがあったため、この件については必ず年内に返答する事になり、その返答の連絡でした。

以下、毎日新聞記者と渡部の電話会談をまとめたものです。


毎日 総務省記者クラブの総会で、申し入れのあった動画撮
  影について各社の意向を確認したが、結論から言うと、
  今回の総会では動画撮影を認めるという結論に達しなか
  った。
   【理由1】まず新聞協会の見解を確認したが、たしか
  に記者会見を開放しようという見解になっているものの、
  動画撮影について言及して認める方針は示されていない。
  新聞協会の見解を根拠に動画撮影をフリーランス・ジャ
  ーナリスト認めることはできない。
   【理由2】総会の中で、撮影者の意図と関係なく、イ
  ンターネットなどで公開した映像が、第三者によって二
  次使用されるリスクがあると指摘する意見があった。そ
  こに映っている人の発言・質問などが、本人の意図した
  内容と異なって、一部だけ使われると全体の真意が伝わ
  らないこともある。それを危惧する意見があった。
   【理由3】やはり各社に持ち帰って本社の意向を確認
  しないと、記者クラブの担当者だけで決める事が出来な
  い。そのためには時間がかかる。

渡部 納得ができない点がある。【理由1】については、新
  聞協会の見解が個別の取材方法(撮影)に言及していな
  くても、そこはジャーナリスト全般に対して取材活動を
  公平に扱うべきだという趣旨のはず。そもそも、新聞協
  会がいちいち『動画撮影を開放すべき』と言わないと許
  可しないなんておかしい。
  【理由2】について、二次使用のリスクは、記者クラブ
  加盟社でもフリーランス・ジャーナリストでも、同じよ
  うにある。そもそも、取材対象者である大臣や官庁側の
  発言が、部分的に使われて不利益があったとしても、そ
  れを心配すべきなのは大臣や官庁サイドであって、記者
  クラブが心配すべき事じゃない。それに、記者クラブ加
  盟社でもフリーランスでも、ある程度は部分的に切り取
  って報道している訳で、加盟社は部分的に切り取って使
  っても良いけども、フリーランスが部分的に使うのは認
  めないっていうのもおかしい。一般の人が公開された情
  報を悪意をもって二次使用することを心配するのかもし
  れないが、逆に、記者クラブ加盟社は悪意がないという
  保証はどこにあるのか?
  【理由3】について、今月の総会までに各社が持ち帰っ
  て本社の意向を確認する時間がないというが、それでは、
  来月の総会までには確認できるのか?

毎日 いろいろと反論があると思うが、記者クラブの運営と
  しては、今のところそういう見解だという事。【理由3】
  の件だが、今回は、幹事社が変わらないうちにとにかく
  今月の総会で確認してほしいということだったので、各
  社で持ち帰って検討しようという話になってない。その
  ため、来月に返事が出来るか分からない。
   その他については、個人的な見解を話す事は出来ても、
  総務省記者クラブを代表する立場で言う事が出来ないの
  で、これ以上の意見は差し控えたい。  

渡部 例えば、今後も今回のような懇談を行って意見交換し
  ていくとか、次回の総会でもう一度動画撮影について話
  し合うとか、今後に繋がる話をしてもらわないと、こち
  らには虚しさだけが残る。

毎日 今回のフリーランスの皆さんの意見については、こち
  らとしても責任を持って対応したいと思っている。他の
  意見についても、来月の幹事社には申し送りした。ただ
  し、今後についてどうなるかまでは、自分の立場で言及
  できない。これまでは、今回のような意見交換がなかっ
  たということなので、こちらとしては大きな前進となる
  一歩と捉えてる。

渡部 こちらとしては来月になったら改めて幹事社に再度ア
  プローチしますので、その旨伝えておいてください。


以上のようなやりとりでした。

今回は動画撮影についてだけの返答で、前回の記事で紹介した意見の返答もありませんし、今後についての展望が示された訳でもないので、引き続き、来月も総務省記者クラブにアプローチしたいと思ってます。
進展がありましたら、これからもこのブログで報告していきます。

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

総務省記者クラブとの懇談会
去る12月22日、総務省記者クラブとフリーランサーとの懇談
会があり、会見開放を求める会の事務局から、渡部真(フリーラ
ンス編集者)が参加しました。

今回の懇談会は、総務省記者クラブ幹事社から、「記者会見の開
放についてフリーランサーの皆さんの意見を聞きたい。正式な懇
談会ではないが、有志のフリーランサーたちから意見聞かせても
らえないか」と、当会呼び掛け人である畠山理仁氏(フリーラン
スライター)へ問い合わせがあり、それに応える形で実現されま
した。

懇談会の実現まで時間がなかった事もあり、当会呼び掛け人や関
係者に連絡をして趣旨を説明した上で意見を募り、事務局で集約
した意見を、当日に文書にして持っていきました。

事務局として集約した意見は、以下のリンクからご確認ください。

http://www.craftbox-jp.com/data/101221kondan.pdf

この他、「アピール文と呼びかけ人一覧」「当会から報道各社へ
の申入書」「申し入れ結果のまとめ」を同封し、直接手渡ししま
した。

■アピール文
http://kaikennow.blog110.fc2.com/blog-entry-6.html

■申入書
http://www.craftbox-jp.com/data/100518mousi.pdf

■申し入れ結果
http://www.craftbox-jp.com/data/100518shiryo.pdf
http://www.craftbox-jp.com/data/100518kekka.pdf


懇談会には、当会の呼び掛け人である上杉隆氏(ジャーナリス
ト)、寺澤有氏(ジャーナリスト)、畠山氏のほか、小川裕夫氏
(フリーランスライター)、田中龍作氏(ジャーナリスト)、島
田健弘氏(ライター)、そして渡部が出席。総務省記者クラブか
らは、朝日新聞と毎日新聞の記者が参加。
約1時間にわたって、フリーランサーたちから意見が出され、そ
れを記者クラブ側が聞き取る形で進行しました。

当会が申し入れた意見(前述PDF)の他、

 ○動画中継の申し入れをしているが、1年経っても回答が
  ないので、年内に返答が欲しい
 ○情報へのアクセス権は公平・平等であるべき。クラブ側
  が制限するのはおかしい
 ○誰にでも開放すべき
 ○記者会見への参加を申請する時に「実績」を求められる。
  その際、「大手メディア」「署名記事」だけを実績とす
  るのは、おかしい
 ○開放する事で変な質問者が多発する事を心配しているか
  もしれないが、それは質問を受ける総務省や大臣サイド
  の問題
 ○記者クラブが記者室や記者会見を独占したり、フリーの
  参加を許可したりするなどの権限について、法的根拠を
  示してほしい
 ○記者クラブとフリーランスが喧嘩しても仕方ない。本来
  は、お互いに権力側に対して共闘すべき。協力し合える
  事はしていきましょう
 ○むしろ総務省記者クラブの意見を聞かせてほしい。記者
  クラブとしての意思が見えない。われわれ記者クラブに
  加盟していない人間に、どうしてほしいのか、要望など
  を含めて意見をだしてくれ
 ○今回のような懇談会が、継続的に開かれると良い

など、様々な意見が出されました。


記者クラブ側からは、今回の意見を参考にして記者クラブの総会
で話し合いをするとのこと。
申し入れた事についての回答や、記者クラブ内での議論の結果な
どについては、改めて連絡をもらう事になって閉会。
何らかの回答があれば、このブログでも報告します。

今回は総務省記者クラブとの懇談でしたが、今後、当会として
も、内閣官房をはじめとして、未だオープン化が実現していない
各省庁や記者クラブへ申し入れを断続的に行っていきたいと考え
ています。



----------------------------------------------
記者会見・記者室の完全開放を求める会
 http://kaikennow.blog110.fc2.com/
 メール:kaikenkaiho☆gmailcom (☆を@に変えてください)

テーマ:ニュース - ジャンル:ニュース

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。